So-net無料ブログ作成

羽生結弦が帰国、NHK杯は「大丈夫です。頑張ってきました」 [スポーツ]

羽生結弦がNHK杯(11月25日-27日 札幌真駒内・アイスアリーナ)のために帰国しました。

スポンサーリンク





2016-11-26_144531.png
新千歳空港に降り立った羽生結弦 11月22日(火)
出典:http://www.chunichi.co.jp/

帰国した時に羽生結弦が言ったという「大丈夫です。頑張ってきました
の力強い言葉からは、逆にNHK杯に至るまでのここ1年間の経緯が
相当苦しかったことを感じさせますね。

今年3月のボストン世界選手権(2位)終了後に左足甲の靭帯損傷と診断され、
帰国せずに約2カ月間、トロントで治療とリハビリに専念していたようです。

怪我の治療を終えて練習後に復帰したのが9月末のオータムクラシック。
結果は見事1位でした。しかも世界初の4回転ループを成功させるんです
からスゴイです。

ボストン(2位) オータムクラシック(1位)スケートカナダ(2位)

そして迎えた2016NHK杯

羽生結弦の2016年NHK杯は?

2016年11月25日札幌の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで
行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦。

2位だった「スケートカナダ」から約1カ月でのNHK杯でしたが、
男子ショートプログラム(SP)での結果は今季世界最高の103・89
点で見事、首位に立ちました。

薄紫の衣装がすごく似合っていて、男子スケーターの中でもひときわ
映えていましたよね。羽生結弦には白よりも合ってると思いました。

2016-11-26_153056.png

スポンサーリンク





2016-11-26_151949.png

2016-11-26_152029.png

2016-11-26_152105.png
出典は全てhttp://www.asahi.com/sports/

羽生結弦が選んだ楽曲はプリンス

羽生結弦が怪我のリハビリ後に選んだ楽曲はプリンスの『レッツゴー・クレイジー』。

ロック界の鬼才とも言われるプリンスは今年4月に急死しています。
羽生結弦はこの曲を選んだ理由を聞かれてー

「失敗をしたことによって、成功するためのものが見えてくる」という
プリンスの言った言葉に感銘を受け
「その意味でもすごく(この曲に)共感できた」と話したそうです。

プリンスの曲には「紫の雨」パープルレイン、という曲があります。
衣装の色はこの曲のイメージから決めたということです。

さあ、そろそろNHK杯11月26日のフリープログラムが始まります。
また記事をアップしますね。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

お試しセット販売

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。