So-net無料ブログ作成

大坂なおみの国籍や父のことが気になる [スポーツ]

大坂なおみは女子テニスプレーヤーです。 ひと目みて、ハーフだとわかるルックスをしていますね。

2016-09-26_100256.png

スポンサーリンク




そんな大坂なおみの国籍や父母のことが気になったので調べてみました。

大坂なおみの国籍はアメリカと日本の2つです。
理由はお父さんがアメリカ人(ハイチ出身)でお母さんが日本人だから。

生まれたのは日本。
1997年10月16日大阪生まれの現在18歳。

日本語はあまり上手に話せない。英語はペラペラ。

16歳の夏にWTAツアーのスタンフォード大会で、当時19位だった
サマンサ・ストーサー(オーストラリア)を下して大注目を浴びる
ようになった。

テニスを始めたのは3歳のときで、
1歳違いのお姉さんのまりさんと一緒にはじめたそうです。
まりさんも現在テニスプレーヤーです。

大阪の靭(うつぼ)テニスセンターというところで練習していました。

でも間もなく、大阪を離れてアメリカに移ることになります。

大坂なおみの父はどんな人?

大坂なおみのお父さんのレオナルドさんはテニスの経験はそれほど多くは
ないそうです。

ですが、バスケットボールやアメリカンフットボールなどのスポーツ
にも詳しいため、娘二人をコーチするにあたっては自身のしっかりとした
考え方を持っていたようです。

「良いテニス選手になるには、良いアスリートでなくてはいけない。娘たちには、フットワークやコーディネーション強化を心がけてきた」


テニスという枠にとらわれないお父さん独自の大きな視点ですね。

そういう考え方を象徴しているのが、ジュニアの大会には出ないという方針
です。
「ジュニアで勝つことが目的ではない、上のレベルで勝つことが目標」


アメリカに渡ってからも、そういうお父さんの指導のもとでお姉さんと
公営のテニスコートで3歳の頃から15年間日々、練習を重ねていたということです。

ちなみに現在はフロリダのアカデミーに属して、
複数のコーチやトレーナーから本格的な指導を受けています。

スポンサーリンク





大坂なおみの目標はグランドスラム優勝

そんなスケールの大きさは大坂なおみにも浸透しています。

「将来の目標は?」と聞かれると、サラッと「世界1位とグランドスラム優勝」
と答えるそうです。

父娘ともスケール大きいですね。

国籍が2つだったりすると、自然とこんな風に育つのかもしれませんね。
或る意味うらやましく感じます。 ハーフのイケメン男子プロ

アメリカ暮らしのほうがずっと長い大坂なおみですが、
将来的にもずっと日本国籍でのプレーを望んでいるそうです。

日本食が好きで「日本食を美味しいと思う時、自分は日本人だと感じる」
なんてことも言っているようです。

そんななおみさんには、ぜひ将来の夢であるグランドスラム優勝を
達成してほしいですよね。


大阪なおみプロフィール

大坂なおみ 18歳

生年月日 1997年(平9)10月16日、大阪市生まれ。 
身長 180cm
体重 69㎏

家族 父:レオナルドさん  母:環(たまき)さん  姉:まりさん

国籍 日本 アメリカ合衆国

在住 3歳で米国に移住し、現在フロリダのフォートローダーデール在住

好きな食べ物 ウナギ、焼き肉、すしなど、 和食党

◆ 憧れの選手 セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)

◆ テニスプレーヤーとしての武器

 時速200キロを超えるサーブ。
 全米では201キロを記録。女子最速記録は211キロ。

◆ 所属 日本プロテニス協会には登録していないので、所属はなし。
     (無登録でも海外転戦には支障はないそうです)

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

お試しセット販売

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。